ナビゲーションをスキップ

ディスペンサーの武蔵エンジニアリング株式会社
コンテンツ開始

卓上型ロボット

卓上型ロボット 半自動のセル生産方式、研究開発から試作量産まで、卓上ロボットのニーズはいまだ増え続けています。MUSASHIの卓上ロボット、ShotMasterは、市場の先端を走り続け、SX/ΩXシリーズとして、さらなる進化を遂げました。 また、画像認識付き位置補正塗布ロボット(IMAGE MASTER 350PC Smart)は、電子デバイスの小型化・高集積化にともない、塗布の微小化とともに要求度が増す「高い塗布位置精度」に対し、威力を発揮します。